コミックハイ!7/22号発売中です

biyoushitsu

みなさま後無沙汰ー。
予告の段階で告知出来ませんで申し訳なかったのですが、コミックハイ!7/22号にて、読み切り一編描いています。
打ち合わせで担当さんにどんなキャラがいいかと、要するに担当さんの好みを聞いてみたわけですが、黒髪ロングのストレートで前髪は眉前でブチメガネという大変詳細なご要望を頂きまして、それに合わせて描いてみました。
まぁブチメガネはめんどくさいという理由でやむを得ずリムレスになったんですが。
展開をコンパクトにするために美容室から一歩も出ない話にしたわけですが、そのためにわざわざ作った美容室のモデルデータが仇になったというか…こうやってモデルを作ってしまうとウソ描いてごまかせないというか、モデルにない物を描けなくなってしまうというか。
あと時間があったのに結局三徹してギリギリだったりとか…まだなんか疲れが残っています。
とりあえずアマゾンでも買えるようなので、サイドバーに入れておきました。

 

エントリを分けるとめんどくさいので、別なカテゴリの話もこちらで。
夏コミのスペース取れました。日曜日 東H-57b、闘志力研究所と合体です。
毎度の事ながら出し物どうしようかなぁって感じではあるんですが、絶体絶命都市3とかプリキュアぐらいしか思いつかない。
というより、ネタはもとより時間が…ってところなので、新刊出せなかった場合に備えて、一応また再販のご要望など伺っておこうかと…。
再販して欲しい既刊がありましたら、コメントの方にどうぞ。

 

作業環境を色々と更新中。
書きそびれていたのでこの際一気に。
SN3A0198 
ベリンガーの激安モニタスピーカーとオンキョーのUSBアンプ。とてもお買い得だった。
一応USBオーディオを内蔵しており、光x3、アナログx2、USBの計6系統入力が可能。
SN3A0199 
家電用のBluetoothワイヤレスヘッドセット。Jabra T5330。
受話器と電話機本体の間に噛ませて、入出力を横取りする。
ただちょっと自分の声のエコーが大きくていまひとつ…送話/受話両方の音量を調節出来る電話機で使わないとダメそう。
主にSkype用のヘッドセットに成り下がっております。
SN3A0215
LEDトレース台。台っていうか板。A3サイズ。
USB電源でも動作し、厚さは11mm。CDのケースより薄い。
薄いのはいいけど、上質紙135kgの原稿用紙の厚さを透かすには明るさが今ひとつ…。
俺の場合カッティングマットを敷いて使っているので、今までの蛍光灯型トレス台と同じマットでは暗過ぎて使い物にならない。 
ホームセンターで見つけた2mm厚のカッティングマットで使用中なるも、これでもやっぱり暗い…。
SN3A0225 
そしてZライト。いわゆる本物のZライト。
事務用のモデルでそっけなかったので、リボンなどつけて愛でる事にしました。Z子です。
ヘッドの幅は67cm!手暗がりになりがちだった電球型に比べてとても使い易い。
ただ非常に明るいため、上のLEDトレース台との併用は無理。

静音化した

SN3A0149
あまりにも喧しかったビデオカードのクーラーを取り替えた。
Themalright V2という非常にググりづらい全銅ヒートパイプ型。別に8cmファンを買って取り付け、低回転で回している。
サイズがサイズだったので、オーバークロックされたカードの冷却に耐えうるのかと心配だったけど、温度はケース内+7~8℃(現在ドライバ読みで41℃)、音もほとんど聞き取れない。
最初についてる馬鹿でかいクーラーは何なんだ。資源の浪費か?剥き身で売れよもう。

音と熱については解決を見たものの、GeForce9600GTにはデュアルディスプレイ時の不具合があるようで、スタンバイの復帰時にセカンダリモニタが正常に表示されなくなることが結構頻繁にある。これは別にクーラー交換したために壊れたわけではなく購入直後から発生していて、それもどうやら固体の問題ではないらしい。
その度に、一度シングルディスプレイ→再びデュアルディスプレイ、とnViewディスプレイ設定で変更してやらないと元に戻らない。
これはハード的に修復出来ねぇもんなのかなぁ…純然たる欠陥だろ?これは。
おかげでWindowsキー+Mというショートカットを覚えた。

MSI Wind Netbook

BoonSutazioでギリギリでコメント欄まで入る
世間じゃiPhoneで大変盛り上がっているそうですが知るか。

EeePCみたいなやつの一種ですけれども、これはもう立派なサブノートですよ。
特にこのキーボードと10.2インチのディスプレイはいい。
WEB見たり音楽聴いたりワンセグ見たりブログ更新したりする程度ならこれ一丁で楽勝!
突然ビデオカードが壊れてももうPSPで必死にググらなくてもいい!
そろそろ梅雨も明けて暑くなる盛り、大出力のPCなんか点けっぱなしにしていられない。これもひとつのエコですよ。

それにしてもコンピュータってこんなに静かに出来るもんなんだね。

8/13追記…MSIがWindの名称を変えたので、タイトルをこっそり変更

W52S

kc350215.jpg なんと左上に写っている付属イヤフォンを単体で買うよりも安く機種変更出来てしまった!
 ほんの4ヶ月前は新規でも2万円台後半だったのに。
 確かに流行のワンセグは付いてないけど、PSPほどではないにせよ動画再生は十分綺麗だし、曲がりなりにもウォークマンを名乗るだけはあって、そこそこの音楽再生も出来る。投売りしなければならないほど粗末な端末でもないと思うんだけどなぁ…。
 カメラが前使ってたW41Kに比べて見劣りするけど、まぁ妥協は出来る。何よりカメラボタン半押しでAFロックが出来、普通のデジカメのように写真が取れるのがいい。とてもそんな器用なボタンには見えなかっただけに驚いた。
 あと別にこの端末独自の機能ではないけど、EZニュースフラッシュが非常に便利でいい感じ。タダだし。
 ただスライドの癖に物凄く開け辛いのはどうにかならなかったんかな…。

柄にもなく光り物

 新しいマシン。
PC2号機 仕事中に早速ファンコンが壊れ、CPUファンが止まったりした。
 それでも別に煙吹いて止まるようなこともなく、温度もせいぜい40数度。
 最近のCPUは電気を食わなくなったんだなぁと隔世の感。ファンレスでも動きそう。
 一方でチップセット(nForce500という、nForce4のリネーム版)は80度という高熱を発するくせに、ウェハースの切れ端みたいなヒートシンクしか付いていない。
 チップは火であぶったって動くのかもしれないけど、そのチップが出す熱に晒されるこっちは、室温28度で仕事をする気力がなくなる。
 それでやむを得ず、ケース側面にファンを追加した。
 おかげで何度か温度は下がり、部屋の蛍光灯が突然切れてもあわてなくて済むようになった。